« 岡山バージョン翻訳 | トップページ | ディジュリドゥ »

2006年10月29日 (日)

那須湯治

先日行った那須湯治旅だが良い温泉だった。今夏の湯治旅の中継地点に何気なく選んだ宿だったのだが気に入ってしまい最訪する事となった。
交通手段は安くて移動が楽なので高速バス那須リゾートエクスプレスを使う。乗ってしまえば那須湯本直行なので乗り換えの手間が無し♪四列シートだが往復共に隣は空席だったので気兼ね無く座れた。帰りのバスはオバちゃんの集団が同乗し騒がしかったのが残念(涙)
那須湯本で下車し谷間へ下り少し歩けば宿泊する小林館に到着。目の前に共同湯の『滝の湯』が有るので内湯は無し。この『滝の湯』は地元と宿泊者専用なのでICチップを使わないと入場出来ないので中々入湯出来ない湯。
この『滝の湯』の湯が最高!源泉掛け流しで硫黄臭たっぷり♪風呂から上がって翌朝になっても自分から硫黄臭が漂う位の強力な湯。疲れも吹っ飛び気持ち良く浸かれるログハウス風の湯小屋。地元の人達が入浴客の中心なので宿泊客は一声挨拶すると気持ち良く入浴出来る。この湯は強酸泉なので石鹸は使えない。でも石鹸等必要無い程に洗浄・殺菌能力が高いお湯。
だからといって湯に浸かる前に掛け湯位はして欲しいのだが掛け湯もせずに湯に浸かる馬鹿者が多くて眉を顰めてしまう。みんな入浴の仕方を知らないのか?テレビみたいにタオルを湯に入れる馬鹿は流石にいなかったが湯を汚すという感覚が無いのだろうか?自身に対する清潔感は溢れていても公衆に対する清潔感は無いのだろうか(怒)温泉や銭湯で培われた歴史が崩れて行く事を嘆かわしく思う。

20061029a

食事もえっ?この値段で?と驚いてしまう内容。家庭のもてなし料理と言ったら良いのであろうか,一品一品に手が混んでいたりしてさり気ない心配りに食べる側の心も躍る。やはりシーズンなのでお吸い物や味噌汁に入っていたナメコが大きくて旨いのに感動!

20061029b

二泊三日の湯治だったが初日・二日目共に雨が降り通しで付近を散策する事が出来なかったのが残念。那須牛を使った牛肉メンチ定食等が食べれる寿々木商店食堂部に行けなかったのが心残り(涙)
3日目は晴れたが10時半湯本発のバスを予約していたので泣く泣く帰途に着く。少し位は観光気分を味わいたいと思いバス停まで遠回りして殺生岩を遠目に見たのが唯一つの観光(笑)

20061029c

今迄にも何度か那須に訪れた事が有るがもう少し時間を掛けてゆっくりと探索してみたいと最訪して感じた。また是非湯治に訪れたいと思う。

« 岡山バージョン翻訳 | トップページ | ディジュリドゥ »

コメント

良さげな湯治でしたべさぁ
うらやましいしょう。
なまら、行きたくなったべさぁ
(^^)

行くきゃないっしょ!
飽きる程に寝て
ふやける程に温泉に浸かり
穴が空く程ボーっとして
天国ですよ!

お久しぶりです!ギターの川田です!
那須最高ですよね!大好きで毎年夏に行ってます。
なんと今年は2回(笑)
2回目はすぐ近くの小松屋という宿でした。
近くの鹿の湯も結構良い雰囲気ですよ!
40~48℃までのお風呂があるのですが、
43度以上のお風呂に入れませんでした。

川田様

お久し振りです。何と2回目の那須?
って言うオラも今年2回目ですなぁ(笑)

鹿の湯も行きたかったのですが大雨の中を外出する気にもなれず諦めました(涙)48℃の湯は火傷しそうな程に熱いらしいですね。今度湯治に行った時には挑戦したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/12479175

この記事へのトラックバック一覧です: 那須湯治:

» 入湯方 [さっくす徒然草]
先日の湯治記で入湯マナーに関して嘆いたが入湯方を知らない方も多いかもしれないので [続きを読む]

« 岡山バージョン翻訳 | トップページ | ディジュリドゥ »

演奏情報

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今月の一枚


  • Lee Morgan: The Sidewinder

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ