« 2日連続 | トップページ | 北の大地から »

2007年10月24日 (水)

箱根

今日は予定が空いたので温泉へ行こうと昨日1日アレンジに精を出し無事に完了♪目覚めて朝飯を食いに行き箱根へ向かう。

20071023321


以前に天山へは訪れているので前回は休日で行けなかったかよい湯治 一休へ行く。受付の奥を真っ直ぐに進むと暖簾も無くいきなり男湯に入る(笑)箱根の山と青空が見える脱衣所に驚く。湯船は半内湯と露天が2つ。山側の露天が一番熱く半内湯が一番ぬるい。全ての浴槽に浸かり茹だると外でゴロ寝をしているうちに2時間近くも入浴していた。山と空を眺めながらの風呂はとても心地良い。平日の日中の人が少ない時に訪れると本当にノンビリ出来る♪

20071023322


時間もまだ早かったので箱根登山電車に乗り未入湯の共同浴場へ行く事にする。目的地は太閤湯。宮ノ下駅から太閤湯を目指し国道1号沿いに歩くと富士屋ホテルの前を通る。名門ホテルとは無縁な人生なので初めて間近に見た。無縁だったので今まで何の興味も湧かなかったが目の前にすると名門の伝統の重さを感じる。一度は泊まってみたいが…オラには敷居が高過ぎる_| ̄|○

20071023323


富士屋ホテルの近くにひっそりと立つ太閤湯。目の前の男湯の暖簾を潜り先客に挨拶をして身体を洗う。浴槽のすぐ側は壁が迫っているのでお湯を汚さない様に身体を洗うのにも気を使う(汗)身体を流して湯船に浸かる。家庭用の湯船2つ分くらいの広さなので3・4人浸かれば芋洗い状態だろう。お湯はかなり熱い様だが先客が埋めていた様で丁度良い。しかし埋めていてもピリッと来る熱さが想像付く熱湯。5分程度お湯に浸かっていただけなのに1時間近く汗が退かなかった。身体を拭き服を着て外に出て初めて気付いたが男女各2つずつ計4つの浴室がある!どうりで浴槽が狭い訳だ。

20071023324


宮ノ下から登山電車に乗り箱根湯本へ向かおうとすると電車がなかなか出発しない。運転手も車掌もノンビリと雑談に盛り上がるが接続の電車の時間が心配なオラは不安で仕方無い。数分遅れで宮ノ下を出発したが無事に接続列車に乗り換える事が出来て一安心したので生麦酒を堪能しながら帰途に付くオラであった(爆)

20071023325

« 2日連続 | トップページ | 北の大地から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/16855068

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根:

« 2日連続 | トップページ | 北の大地から »

演奏情報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ