« 山陰湯治3 | トップページ | 山陰湯治5 »

2008年1月15日 (火)

山陰湯治4

三朝温泉2日目以降も飲んで寝て浸かって寝るダラダラとした時を過ごす。しかし昼飯前後の時間は清掃で湯に浸かれないので街中を昼飯も兼ねて散策する。三朝大橋の近くが温泉街の中心。温泉街に欠かせない射的屋や劇場(笑)や土産物屋・飲み屋等が並んでいる。

20070810171


三朝大橋の側には名物河原風呂が有る。脱衣所に目隠しがされているだけで街中から丸見え(笑)昼間でも湯に浸かる地元らしき方を多数目撃するが仕事はどうしているの?2日目は残念ながら風呂セットを持って出歩かなかったので足湯に浸かる。しかし座っている下の石が日差しを浴びて物凄く熱いので早々に立ち去りビールを飲みながら涼む(爆)3日目は三朝神社を参拝して共同浴場の株湯へ行く。熱めの湯だが宿の湯よりは温いのでゆったりと浸かる。この株湯もお湯が湧き出てくるのだが物凄い湯量。湯船から並々と溢れ出る湯に驚く。郵便局へ行く用事が有ったのだがゆったりと入り過ぎて気付くと時間ギリギリになり慌てて上がり郵便局へダッシュして何とか間に合う(汗)無事に用件を済ませたら疲れてしまい宿に戻って昼寝してしまいこの日も河原風呂に入る事が出来無かった(涙)

2007081117620070811178


宿の食事は朝晩共に食堂で頂く。家族連れや夫婦連れが中心の客構成だがビールを飲む人が少ない。オラが食事を肴にビールを飲んでいるうちに皆食事を終えて毎回最後の1人になってしまい女将さんが後片付けに来る…時間が掛かるのは酒飲みの悪癖だなぁ_| ̄|○ しかし皆が食べ物を残すのには驚かされる。勿体無いお化けが出るぞ!

« 山陰湯治3 | トップページ | 山陰湯治5 »

コメント

ちょっと恥ずかしい質問ですが、「ヌード」…何すか?(笑)

ははは(*^_^*)このショット最高!強烈ですね。さすがローカルの温泉街、わかりやすさは大事ですな。
こういった地方の温泉街で、ギターならぬSAXの流しなんていかがでしょうか?(^O^)
ところで話はかわりますが、このブログ、時々難読な漢字で表現されている言葉を見ます。できれば、普段あまり使用しない漢字(表記)は平易な「ひらがな」で表記していただければ幸いですm(_ _)m
自分の漢字能力を棚上げしてのお願い恐縮です。

Kyo-Bashi様

さあ…お店開いていないから
何の店だか分かりませんでした(笑)


跳ね馬様

流しですか…楽器持って湯治…
荷物が多くて大変ですね…(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/17666898

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰湯治4:

« 山陰湯治3 | トップページ | 山陰湯治5 »

演奏情報

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今月の一枚


  • Lee Morgan: The Sidewinder

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ