« 山陰湯治4 | トップページ | Our Man in Paris »

2008年1月16日 (水)

山陰湯治5

遂に3泊4日の三朝温泉を旅立つ朝を迎えてしまった(涙)宿を出る前にも引き湯をゆっくりと堪能してからバスに乗り込み倉吉駅へと向かう。米子→出雲市と列車を乗り継ぎ大田市へ向かう。車窓を眺めている大山周辺でかなりの数の風力発電機を見付ける。風力発電に適した土地なのかな?その向こうに見える海はとても綺麗。山陰の海は色が深くて美しい。こんな海で泳いだら気持ち良いだろうな♪

20070812182


大田市で下車しバスで45分程の三瓶温泉を目指す。街中を抜け三瓶山を登り西の原へ来ると山上とは思えない草原が広がる。ここでビール飲みながら昼寝してみたい。西の原を抜けると三瓶温泉。奥の湯入口で下車して三瓶温泉で一番奥深い箇所にある湯元旅館へ向かう。

2007081319320070813194


バス停から少し歩くと道脇に湯が流れている。この湯量が物凄い。川の流れの様に湯が流れて行くのを見てこれから入る湯に期待が増す。部屋に通されて点てたお茶を頂く。暑さと移動で疲れた気持ちがと和む。手間が掛かるから大変だろうけどこういう気遣いはとても嬉しいものだ。一服したところで期待の風呂へ行く。小さい泥湯と大きい湯があるので泥湯から浸かる事にする。鉄分が多いらしく湯船も床も真っ赤。浸かると先ず驚くのが豊富な湯量。湯口からお湯が溢れ出ている勢いでゴボゴボと音を立てる。湯船から溢れ流れる音がバシャバシャと浴室に鳴り響く。湯船から手を出すと浸かったばかりなのに手が真っ赤。流石は泥湯!湯の華の量も半端じゃない。温湯なので1時間近く浸かっていても逆上せなく気分爽快♪風呂から上がり身体を拭いて更に驚いたが体中に付着した湯の華で下ろしたてのタオルが真っ赤に染まる。

2007081319220070812190


この宿も食事処で朝晩食を頂くが一番最初に入り一番最後に出る(笑)手が込んで美味しい食事なのに食事を残す人多数。本当に皆どういう食育を受けてきたのだろうか?
夕食を終えて満腹なので暫し外を散歩する。山の上なので涼しいし星が綺麗に見える。時が過ぎるのを忘れて空を見上げていた。

« 山陰湯治4 | トップページ | Our Man in Paris »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/17667065

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰湯治5:

« 山陰湯治4 | トップページ | Our Man in Paris »

演奏情報

  • 3/22(水)
    Jazz Duo Live

    Alto Sax 西田寬
    Keyboard 安齋孝秋

    Open 18:00
    1st 19:00
    2nd 20:00
    Charge 投げ銭制
    イタリア食堂Fagotto
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今月の一枚

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

  • 貴方は

    人目の御客様です。


最近のトラックバック

無料ブログはココログ