« 今日の反省 | トップページ | In 'n Out »

2008年10月 8日 (水)

栃尾又温泉 2

前回から続く。

栃尾又温泉には3軒の宿があり共同で『上の湯』『下の湯』という2つの湯を使っている。両方とも同じ源泉『霊泉の湯』というラジウム泉を使い36-7度の温湯。『下の湯』は宿泊した自在館の中から長い階段を下った所に建っている。自然湧出している源泉の真上に建っているらしいのでお湯が新鮮!建物の風情も落ち着いた雰囲気で心地良く浸かっているだけで至福の時を味わえる。
『上の湯』は元々は公共の温泉センターだったらしい。無駄に税金を投入したのであろうバブル全盛時に立てられた公共浴場の雰囲気。湯治気分は削がれるがお湯は『下の湯』と同じだし広々としているのでゆったりと浸かれる。どうせなら富士山の絵を描いて銭湯風にした方が楽しいと思うのはオラだけ?

20081008a


どちらの風呂に入っても本を片手にノンビリと過ごしている人や気持良さそうに居眠りしている人が居る。或るお爺さんは居眠りしている内に顎がお湯に浸かっている。徐々に身体がズリ下がり口がお湯に浸かり鼻までお湯に入りそうになっている。鼻がお湯に浸かるとビックリして目覚めるが直ぐに居眠りに戻り再び鼻がお湯に浸かり目覚める(笑)数回繰り返しても居眠りを止めない。そんなお爺さんをひたすら観察し続ける暇なオラ(爆)
お爺さんの居眠りに見飽きるとボケッと外の風景を眺めていたり物思いに耽っている内にうたた寝している。ふと気付いて身体を見ると身体中に気泡が付いている。お湯が新鮮な証を体感して大満足な入浴時間を過ごす。

宿から上の湯へは旧館の側を通るのでお湯への行き帰りに旧館をじっくりと眺める。良く言えば風情有る,悪く言えば古くてボロい建物。だがこういう建物に泊まった方が山奥に湯治に来た気分を存分に味わえる。維持管理するのは大変だと思うけどこういう建物は出来る限り残して欲しい。

20081008b

« 今日の反省 | トップページ | In 'n Out »

コメント

おおっ、良さげな温泉宿ですね。
羨ましいです。

風情があって よさそうな宿。
そりゃーおじさんも居眠りしますって。

Ayotte様,きょうべ様

風情有って良い宿ですよ♪
何もせず何日もボケーッと過ごすのに最適ですbeer

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/42238925

この記事へのトラックバック一覧です: 栃尾又温泉 2:

« 今日の反省 | トップページ | In 'n Out »

演奏情報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ