« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の14件の記事

2008年10月30日 (木)

Wide Angles

今週のBGMはMichael Brecker QuindectetのWide Angles。このQuindectetでのライブをBlueNote東京へ聴きに行ったのがMichael Breckerの生演奏を聴いた最後の時になってしまった。


2008年10月29日 (水)

電車の中で

突然,車掌さんが車内を歩きヤンキー連中の前に立ち何か注意する。暫くすると煙草の臭いがする。馬鹿共が車内で喫煙している(;゜0゜)
停車するホームに窓から投げ捨てる火の着いた煙草…馬鹿共に文句を言いたいが集団に暴行を受けて楽器を吹けなくなるのが怖いので何も言えない自分が哀しいorz
馬鹿共に関わらずに生きる事の出来る世の中に生きたい。車掌さん,仕事とはいえ注意するのに勇気いるよね。深く尊敬する。

2008年10月25日 (土)

Speak Like a Child

今週のBGMはHerbie HancockのSpeak Like a Child。透明感溢れるHerbie Hancockのピアノが聴きたくなりチョイスする。

2008年10月24日 (金)

logic

logic
やっと購入。
これが無ければMacBookを購入した意味が無い。
インストールとセットアップが大変そう(^^;;

2008年10月19日 (日)

何故?

MacBookは早くて感動なのだが日本誤入力が固まりメーラーやブラウザを再起動する場面に多々遭遇する。何度も続くと面倒臭い(*`へ´*)

2008年10月18日 (土)

敢えて旧型

敢えて旧型
今週,Appleのノートパソコンの新型が発表された。Macオタクのオラが一言も触れないのは変だと思ったかもしれない。

新型が発表されて水曜一日悩んだ末に旧型のMacBookをクリックした♪

データー移行を終えたので帰宅したら設定をする予定。使うのが楽しみだからカンパ~イ( ^ ^ )/■

2008年10月17日 (金)

久々の日記

随分久し振りに日記を書く。忙しかった訳ではなく考えさせられる事や悩む事,落ち込む事等が重なり独りの時は塞ぎ込み続けていたので何か書こうとしても暗く落ち込む事しか書けなかったので書くのを止めていた。

今宵も帰宅して晩飯を食いながら考えていた。様々な事が頭の中を回り落ち込んで別の事を考えて暗くなり考えるのを止めようとするが憂鬱な事ばかりが頭の中を駆け巡る_| ̄|○
良い事や嬉しい事が起きると鼻をへし折られる様な事が必ず起きる→調子に乗ると罰が当たる宿命なんだよな→宿命じゃなくて地に足を着けて落ち着いて行動しろという警告なのかも!
と思った瞬間に今まで悩んだり考えたり落ち込んだりしていた事が嘘の様に楽になったbeerこれで全てが解決にはならないが少し先が見えて来た気がする。

2008年10月15日 (水)

In 'n Out

今週のBGMはJoe HendersonのIn 'n Out。最近Joe Hendersonに興味が有って聴いているのだが何故かこのアルバムのShort Storyが深く印象に残っている。


2008年10月 8日 (水)

栃尾又温泉 2

前回から続く。

栃尾又温泉には3軒の宿があり共同で『上の湯』『下の湯』という2つの湯を使っている。両方とも同じ源泉『霊泉の湯』というラジウム泉を使い36-7度の温湯。『下の湯』は宿泊した自在館の中から長い階段を下った所に建っている。自然湧出している源泉の真上に建っているらしいのでお湯が新鮮!建物の風情も落ち着いた雰囲気で心地良く浸かっているだけで至福の時を味わえる。
『上の湯』は元々は公共の温泉センターだったらしい。無駄に税金を投入したのであろうバブル全盛時に立てられた公共浴場の雰囲気。湯治気分は削がれるがお湯は『下の湯』と同じだし広々としているのでゆったりと浸かれる。どうせなら富士山の絵を描いて銭湯風にした方が楽しいと思うのはオラだけ?

20081008a


どちらの風呂に入っても本を片手にノンビリと過ごしている人や気持良さそうに居眠りしている人が居る。或るお爺さんは居眠りしている内に顎がお湯に浸かっている。徐々に身体がズリ下がり口がお湯に浸かり鼻までお湯に入りそうになっている。鼻がお湯に浸かるとビックリして目覚めるが直ぐに居眠りに戻り再び鼻がお湯に浸かり目覚める(笑)数回繰り返しても居眠りを止めない。そんなお爺さんをひたすら観察し続ける暇なオラ(爆)
お爺さんの居眠りに見飽きるとボケッと外の風景を眺めていたり物思いに耽っている内にうたた寝している。ふと気付いて身体を見ると身体中に気泡が付いている。お湯が新鮮な証を体感して大満足な入浴時間を過ごす。

宿から上の湯へは旧館の側を通るのでお湯への行き帰りに旧館をじっくりと眺める。良く言えば風情有る,悪く言えば古くてボロい建物。だがこういう建物に泊まった方が山奥に湯治に来た気分を存分に味わえる。維持管理するのは大変だと思うけどこういう建物は出来る限り残して欲しい。

20081008b

2008年10月 5日 (日)

今日の反省

今月のライブ&セッションにお越し下さった皆様有難う御座いました。
今日は空回りな演奏ばかりしてしまった_| ̄|○ 音楽は独りで演る物でなく皆で創り上げる物だと改めて感じるステージだった。自分だけが気張っていても周囲とアンサンブル出来なけれな何の意味も無い。自分の思う方向に向かおうとすればする程に思う方向から遠ざかる。周りと歩調を合わせれば自分の思った音楽に近付く。息を合わせる事の重要性を改めて痛感_| ̄|○

2008年10月 4日 (土)

休日

水曜日の朝に目覚めて温泉に浸かりたくなる。以前に箱根に訪れた時に気になった立ち寄り湯へ行く事にする。何時でも温泉へ行ける様に入浴セットは準備済みなので鞄に放り込んで毎週水曜恒例の印度料理屋で朝飯&朝beer(笑)今日の日替わりカレーは「法蓮草と鶏肉のカレー」ポパイパワーで温泉へ行く気力が漲る(爆)


20081004a


箱根登山鉄道の宮ノ下で降りて富士屋ホテルの前を通り過ぎて『そこくらの湯つたや』へ行く。以前に底倉の函嶺を訪れて付近を散策した時に見掛けて気になったので訪れてみた。此処が入口だよな?と悩んでしまった裏口の様な入口を通り受付で説明を受けて階段を下りて先ずは内湯に入る。しかし循環浴槽…浴場の雰囲気は良いのに…(涙)服を着て廊下を歩いて露天風呂に期待を掛ける。風景も良いし蛇骨川のせせらぎが心地良い。だがこちらも循環(号泣)底倉の湯はかなりの高温泉なので加水は仕方無いと納得するが何故循環湯なのだろう?

さっさと上がり一服しながら今後の行程を考えるが妙案が浮かばない。取り敢えず駅へ行き登山鉄道の来た電車に乗る事にしようと決める。先に来たのは強羅行き。電車内で移動しながらネットで立ち寄り湯を探して訪れたのは強羅館。モダンな雰囲気の玄関やフロントで一瞬外れかと焦るが浴室へ行ったら期待感が増す。薄暗くて狭くて嫌だという意見が多いのであろうが個人的にはこういう浴室で1人ノンビリと過ごす時が大好き。お湯も成分濃そうな濁り湯で入っているとポカポカ暖まり汗が退かない湯。入浴している間は独り占めだったので床に寝そべり休憩しながら長い間お湯を楽しむ。浸かっているうちに急に泊まりたくなり帰り掛けに急遽宿泊出来るかと質問すると水曜は宿泊は休業だとの事。再び訪れて泊まってみたい宿だった。

20081004b


帰りの電車は腹が減ったので箱根湯本の駅で見付けた『道中おにぎり』と生ビールで湯上がりを楽しむ。この『道中おにぎり』はメンチカツサンドが入っているのがポイント。メンチファンとしては箱根に訪れた時の楽しみなので何時も狙っているのだが買い時を逃してしまい売り切れだったりするので入手出来てラッキー♪

20081004c


生ビール2杯で気分良く最寄り駅を下車し歩いていたらふと忘年会で御世話になっているラシエットに行きたくなり足を運ぶ。そのまま閉店まで居座りながら忘年会の予約もしてしまい酒浸りながら充実した休日を過ごし帰宅後は即爆睡であった。

2008年10月 3日 (金)

有難う御座いました

月曜のライブ,足元が悪い中を御越し下さった皆様有難う御座いました。御蔭様で店内は満員でラッシュアワーの様な大混雑!窮屈な思いをさせてしまい済みませんでした。満員の客席からの熱気に煽られてメンバーも熱演を繰り広げ楽しく充実した夢の様な一夜を過ごさせて頂きました。同じメンバーでのライブを行おうと考えていますので今回御越し下さった方も残念ながら聴けなかった方も是非御越し下さいます様お願い致します。

個人的には演奏面での反省点や得る物が沢山有りボンヤリと見えていた物に一歩近付いた様に思います。今回得られた物を確固たる物にすべく精進に励む所存です。鉄は熱いうちに打って忘れない様にしなければなりませんね!
それ以上にMCやステージ構成等に関して気付いた事が有りました。こういう事を忘れない様に心掛けてより楽しめるライブを目指したいですね。

photo by noripy

2008年10月 2日 (木)

Five for Fun

今週のBGMはHigh FiveのFive for Fun。現代のハードバップバンドの音楽を聴かせてくれる御機嫌なアルバム!11月にBlueNote東京でライブを行なうらしい。聴きに行こうかな。


2008年10月 1日 (水)

忘年会日時決定

毎年恒例の忘年会の日時が決まりました。相模大野のラシエットで12/27(土)15~18時で開催です。
年末の忙しい時期だとは思いますが予定を空けて頂いて今年の〆を楽しみましょう( ^ ^ )/■

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

演奏情報

  • 3/22(水)
    Jazz Duo Live

    Alto Sax 西田寬
    Keyboard 安齋孝秋

    Open 18:00
    1st 19:00
    2nd 20:00
    Charge 投げ銭制
    イタリア食堂Fagotto
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今月の一枚

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

  • 貴方は

    人目の御客様です。


最近のトラックバック

無料ブログはココログ