« 有難う御座いました | トップページ | 強羅2 »

2009年11月10日 (火)

超絶

日曜のレッスン後に青山のBlueNote東京までPaquito D'Riveraのライブを聴きに行く。何時も御世話になっているshin氏も聴きに行くとの事だったので待ち合わせて御一緒させて頂く。shin氏はNY滞在時にパキートのライブを聴いて衝撃を受けたそうだが自分も衝撃を味わう事になった。
高度なテクニックを駆使しつつも涼しげな顔でいとも簡単そうに音を紡ぎ出してゆく。フラジオの音域でも音色が変わらず細かいパッセージを正確なリズムで演奏する。4拍子であってもリズムセクションはトリッキーな演奏をするので聴いていてもビートを見失いそうになるのだがその上で普通に演奏している,トップクラスのミュージシャンなら当たり前の事なのだろうがトップクラスの凄さを改めて思い知らされる。
そしてクラリネットとサックスを両方が自分のメイン楽器の様に持ち替えている。どちらかがメイン楽器という感覚を持つのが一般的なのだがAltoSaxと2本のClを同じ楽器として演奏している。ちなみに2本のClの種類が分からない。ストレートを2本持ってステージに上がったのでBbClとEbClかと思ったがBbClと低音域の楽器だろうか?このページにライブ映像が載っているので分かった方は教えて頂けないでしょうか。
両方の楽器のバランスをとってマウスピースを口に入れる角度がClとクラシックのSaxの中間になっている。これがパキートの音色を作る一因ではないかと思われる。Saxの音色に関してはクラシック寄りな感覚で音色を作っている様に感じた。ライブ時のセッティングはヤマハの875にメイヤーと思われる,この音色は好み。でもBlueNoteのHPに載っている映像を見ると黒ラッカー(セルマーか?)にメタルのマウスピースを使っているがこの音色は自分の好みに合わない。演奏する音楽やフォーマットに合わせてセッティングを色々と変えているのだろう。

もう1人のフロントのDiego UrcolaもTpとバルブTbを何のウォームアップも無しに持ち替えて演奏している。演奏を聴いているとTpがメインの様だがいきなりTbに持ち替えて普通に吹けるなんて化け物としか思えない。普通なら唇が壊れて全く楽器が吹けない状態になってしまうだろう。

ピアノトリオになった時のリズムセクションは互いに丁々発止しながら盛り上がる白熱の演奏。聴いているだけなのにビートを見失ってしまう程にリズムでも高度会話をする演奏。どういう考え方でそういう演奏が出来るのかshin氏に伺うと全員が同じリズムを中心に据えてその周りで遊び回っているらしい。言われてみると納得。でも分かったからといって出来ない(笑)

« 有難う御座いました | トップページ | 強羅2 »

コメント

僕も気にはなっていましたが
さっぱり、、、
ほっしー、大先生辺りに
聞いてみますか?

(w)

気になりますよね。
オラも周囲に聞いてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156018/46727140

この記事へのトラックバック一覧です: 超絶:

« 有難う御座いました | トップページ | 強羅2 »

演奏情報

  • 3/22(水)
    Jazz Duo Live

    Alto Sax 西田寬
    Keyboard 安齋孝秋

    Open 18:00
    1st 19:00
    2nd 20:00
    Charge 投げ銭制
    イタリア食堂Fagotto
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今月の一枚

リンク

  • Groovin' Groovin'
    ヒトミシリーで共に活動させて頂いているドラマー"クボ コウイチロウ"さんのHP。

  • Sounds Brassで御一緒させて頂いているトロンボーン奏者の杉山 良先輩。
  • SOUNDS BRASS AND AYOTTE BLOG
    hi_saxもメンバーのSounds Brassの頼もしきリーダである打楽器奏者Ayotteさん。
  • 桃庵
    様々な場所で活躍する抜き差し式金管曲り喇叭奏者 桃様の忍者屋敷の様なHP
  • ヴァガボンド
    大学の後輩のクラリネット奏者の奥田 英之さん。編曲家としても活躍中。

  • アルト&ソプラノサックスの名手,藤陵雅裕師匠。MySpace からライブ情報等が見れます。
  • Takeshi Nonoguchi Official Web Site
    アコースティックジャズユニットDRASCOリーダーnyonyoさん。自分のライブを始めとする様々なステージで御世話になっています。
  • スパイスマハルのままのブログ
    元生徒さんのバングラディシュ料理店。優しい味わいの日本人にも親しみ易い美味しいバングラディシュ料理を堪能出来ます。

その他

  • 木管楽器の運指を調べるのに最適。超マニアックサイト(爆)

  • 貴方は

    人目の御客様です。


最近のトラックバック

無料ブログはココログ